healing space 和み » ストレス解消

アロマは自律神経の乱れを整えるのにも効果的!おすすめの精油と使い方

疲れがとれない、肩がこる、頭が痛い、寝つきが悪い、眠れないといった症状に悩まされていませんか?
また、一時的な体の不調ではなく、一つ良くなったら、またどこかに不調を感じるといったことはありませんか?
その原因は自律神経の乱れかもしれません。
はっきりとした病気でもないのに、「シャキッとできない」「疲れがとれない」といった不調に、アロマの力がやさしく働きかけてくれます。
自律神経の乱れを整えるのにおすすめのエッセンシャルオイルから、セルフケアでも簡単に利用できるアロマの使い方を紹介します。


どんな状態で自律神経のバランスは乱れるの?

季節の変わり目や、就職・転職、引っ越しなど、新しい環境に対応しようとすると体は緊張し、ストレスを感じます。
仕事や育児で忙しかったり、寝不足になったり、生活が不規則になってしまっているときも、体は緊張し、がんばろうとします。
そんなとき自律神経のバランスは乱れやすくなっています。

自律神経はアクセル的役割の交感神経と、ブレーキ的役割の副交感神経からできています。
シーソーのように、どちらかが優位な状態のとき、一方はパワーダウンします。
「がんばらなくっちゃ」といった前向きな気持ちであっても、「ストレスと戦おう」「ストレスから逃げよう」と交感神経が強まると、自律神経のバランスが乱れます。
眠っているときやリラックスしているときに働く副交感神経の出るタイミングが、ストレスを感じる時間が続いたり、不規則な生活などで少なくなってしまうと、体はしっかりリラックスできていないので、「疲れがとれない」「だるい」「眠れない」などの不調となって現れるようになります。


【症状別】自律神経を整えるのにおすすめのアロマオイル

アロマオイルのベースとなる精油(エッセンシャルオイル)は、自律神経を調節している視床下部に働きかけます。「良い香りだな」「好きな香りだな」と感じた心地よさやリラックスした気持ちが視床下部に伝わり、副交感神経を優位にすることができます。
副交感神経は、寝ているときやリラックスしているとき、食事をしているときなどに優位になりますが、アロマの力で同様の状態を作ることができるのです。

自律神経を整える精油の代表格はラベンダー。リラックス効果が高く、幅広い効能をもっていますが、毒性や刺激が少なく安全で使いやすいので人気があります。また、ベルガモットもイライラや不安感など精神的な症状に働きかけてくれます。ストレスがきっかけの食欲不振や便秘などの胃腸の不調も和らげてくれます。

症状別におすすめの精油を紹介しますが、「この症状にはこの精油でないといけない」と決めつけて選ぶ必要はありません。好きな香りであることが第一条件です。

(1)肩こり、筋肉のこり

自律神経のバランスが崩れているとき、不調は体に現れます。「肩が痛い」「背中や腰がつらい」といった症状を感じる場合が多いようです。

☆おすすめの精油
ユーカリ、レモン、レモングラス、ローズマリー、ベルガモット、ラベンダー

(2)頭痛、頭がおもい

肩こりをそのままにしておくと、肩や首の筋肉は硬くなり、付近の血行が悪くなります。その結果、頭痛を感じるようになります。

☆おすすめの精油
ユーカリ、ペパーミント、グレープフルーツ、ローズマリー、ティーツリー、ベルガモット、ラベンダー

(3)冷え

自律神経の乱れから、体内の血管が収縮し、血行不良な状態になることがあります。体内に血液や栄養素が行き届きにくくなると、体は冷えやすくなります。
精油でリラックス効果を高めて、血行を良くして体を温めるようにしましょう。

☆おすすめの精油
パイン、ローズマリー、ゼラニウム、ジンジャー、サイプレス、ジュニパーベリー、ラベンダー

(4)不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い

自律神経の乱れから、肩こりや筋肉痛以外にも胃腸の不調、不眠などの症状を感じる人も多いようです。眠りの質が悪くなってしまうと、副交感神経の出番が少なくなってしまうので、ますます不調が続いてしまいます。
規則正しい生活リズムと、良質の睡眠がとれる空間作りを心がけましょう。

☆おすすめの精油
ヒノキ、ベルガモット、ローズマリー、オレンジスイート、ゼラニウム、イランイラン

(5)便秘や下痢など胃腸の不調

自律神経がバランスを崩すと、血行不良、代謝力の低下を引き起こします。その影響で便秘や下痢など胃腸の不調が現れることもあります。

☆おすすめの精油
オレンジスイート、ペパーミント、ユーカリ、グレープフルーツ、レモングラス、ローズマリー、ベルガモット、ラベンダー

(6)リラックスしたい

自分自身が自律神経のバランスを崩していることに気づかないまま、不調に悩まされている人も多いのですが、定期的に季節の変わり目などに体調を崩していると「あ、また自律神経の調子が悪い時期だな」と感じる人も多いようです。
自分で危険信号を感じたら、副交感神経が優位になるように、リラックスできる環境作りができるようになると心強いですね。

☆おすすめの精油
ラベンダー、オレンジスイート、マンダリン、ベルガモット、クラリセージ、マジョラムスイート


セルフケアで簡単に利用できるアロマオイルの使い方

(1)ハンカチやティッシュに1、2滴おとしてみる

ハンカチやティッシュに好きな精油を1、2滴おとしておきます。
それをバッグの中や、オフィスの引き出しにしのばせておけば、緊張する場面や気分が悪くなりそうなときに、さっと取り出し香りをかぐことができます。好きな香りでリラックスできて、副交感神経を優位にすることができます。寝るときの枕元においておくのも、良質な睡眠につなげることができます。
精油は布に数滴おとすと、シミになる場合があります。お気に入りのハンカチではなく、アロマ用ハンカチを用意しておいてもいいですね。

(2)お湯を入れたマグカップに精油を数滴おとしてみる

マグカップなどにお湯をいれて、好きな香りの精油を数滴おとせば、湯気とともに香りが漂ってきます。パソコン机にも置くことができるので、オフィスでも香りを自分だけ楽しむことができます。
間違えて飲んでしまわないように、専用のカップを用意しましょう。

(3)アロマディフューザーで香りを部屋全体に漂わせる

アロマポットも香りを部屋全体に漂わせることができ、ろうそくの火のゆらぎを眺めるのも高いリラックス効果がありますが、火の消し忘れや、うたた寝をしてしまうと火事の原因にもなるので、注意が必要です。その点、コンセントにつなぐアロマディフューザーなら安心して使うことができます。

アロマディフューザーを寝る前のリラックスタイムに利用すれば、寝つきが良くなります。また、慌ただしい出勤前などにも、香りを感じながらメイクなど準備ができれば、すっきりとした一日のスタートがきれます。

(4)アロマバス(芳香浴)でリラックス

リラックスタイムになるお風呂の時間も、時間がないからとシャワーだけで済ませると、交感神経が優位な状態のままとなり、ストレスや緊張が続いたままの状態になります。体を温めるという意味でも、シャワーだけで済ませるのはおすすめできません。
少しぬるめのお湯(38~40度)で、好きな香りの精油を1~5滴落としてみましょう。
アロマ浴では、好きな香りで嗅覚を刺激し、視床下部に伝わるのに加えて、皮膚からもアロマの有効成分を吸収することができます。

ペパーミントはメントールの爽快感のある香りでリフレッシュできますが、肌に刺激を感じやすいので、避けたほうがよいでしょう。ペパーミントなら、アロマスプレーやアロマディフューザーで利用しましょう。


まとめ

自律神経の乱れによる体の不調は、不規則な生活や、季節の変わり目など誰にでもおこりうるものです。
自律神経がバランスを崩しているときは、免疫力も低下しているので、負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

時間に追われるような毎日を過ごしながら、いかにして副交感神経を優位にしる時間を増やすのか。

好きなアロマオイルの香りをみつけて、自分だけのリラックスモードへの切り替えスイッチを作ってみてはいかがでしょうか。慢性的にあきらめていた体の不調をやわらげることができますよ。

 

「疲れがとれない」「疲れが残る」40代女性を悩ます疲れの原因と対処法

40代になった頃から「疲れがとれない」「疲れがぬけない」と感じるようになったと思いませんか?
自分では疲れていないつもりなのに「疲れ気味だね」と言われたことはありませんか?
40歳からの疲れは、老化現象の影もしのびより、ゼロになることはありません。
それでもまだまだ仕事や育児もがんばらないといけませんよね。
イキイキと充実した40代を過ごせるように、原因と対処法を紹介します。


目次

40代女性の疲れを引き起こす3つの原因
食事を見直して疲れにくい体を作る
お疲れ顔、お疲れ目をリフレッシュできる簡単セルフケア
慢性的な疲れの根本原因はお疲れ気味の肝臓かも
40代の疲れをリセットできる!ヘナを含んだハーブ浴でデトックス


40代女性の疲れを引き起こす3つの原因

原因1. 運動不足

忙しさのあまり、スイミングに通ったり、ヨガを習ったりする時間も持てずに運動不足の状態が続いていませんか?
本来なら筋肉量は加齢とともに落ちてゆくので、ますます運動を取り入れなくてはいけませんが、1日、1週間はあっという間に過ぎていきますよね。
体を動かさないでいると、ふくらはぎの筋肉は硬くなり、代謝が鈍くなります。血液やリンパの流れは滞り、体の隅々に栄養素が行き届かなくなります。また、代謝が鈍ると老廃物の排出までもが滞ってしまいます。
老廃物は毒素となって蓄積され、むくんだり、体が疲れやすくなります。

駅まで自転車を使わずに歩く。職場では極力階段を利用する。
休日にはサイクリングやスイミングなど体を動かす時間を作るように心がけましょう。

 

原因2. 免疫力の低下

20~30代をピークに免疫力は低下していきます。
仕事や育児でストレスを抱えていると、自律神経が乱れ、さらに免疫力は低下します。
運動不足で代謝が鈍った状態は体が冷えやすくなり、体温も下がります。
免疫力が高まる体温は36.5~37度で、基礎体温が1度下がると免疫力は30%低下するといわれています。
免疫力が低い状態は、疲れがとれにくい状態で、体調もくずしやすくなります。

 

原因.3 女性ホルモンの減少

女性らしい体の維持と生理を促進する女性ホルモンの一種「エストロゲン」も40代に入った頃から急激に減少しはじめます。
エストロゲンが少なくなると、心身に様々な不調があらわれます。
脳は卵巣に「エストロゲンを出せ」と指示しますが、機能が衰えだした卵巣は満足にエストロゲンを出せなくなっています。そうすると脳は混乱しはじめ、イライラしたり情緒不安定といった症状になったり、体が疲れやすくなります。
これは更年期障害の症状と重なります。更年期障害の時期は一般的に45~55歳といわれていますが、早い時期に同じような症状を感じる人もいます。


食事を見直して疲れにくい体を作る

40代は体が変化する時期です。今までとおりでは、元気を維持できないと感じることがちらほら現れてきます。
毎日できるような軽い運動を始めたり、食べるものを見直したりすることが大事になってきます。「これなら毎日続けられそう」と思えるものから、疲れにくくなる食べ物や飲み物を取り入れてみましょう。

◇取りたい食べ物・飲み物

【ホルモンバランスを整える】


納豆・豆乳などの大豆食品は、減少しつつあるエストロゲンと似た作用をもつ大豆イソフラボンを含んでいます。1日に50㎎のイソフラボン摂取が理想で、納豆なら1パックで約35㎎の大豆イソフラボンを摂ることができます。

【スタミナや持久力をつける抗酸化成分】
スタミナや持久力をつけるために抗酸化成分を含むものも食べましょう。
葉野菜などのビタミンCのほか、ごまやにんにく、緑茶にも抗酸化成分は含まれています。
赤ワインやブルーベリー、紫イモなど紫いろの天然食材に含まれるアントシアニンは肝機能を助けてくれます。

◇控えたい食べ物・飲み物

【飲みすぎNG!睡眠の質を悪くするカフェイン】
コーヒーや紅茶・緑茶などは、飲みすぎるとカフェインの影響で睡眠の質が悪くなってしまいます。
カフェインはコーヒーなどを飲んでから7時間くらい機能しているといわれています。
一方でカフェインは肝機能を改善する働きももっています。飲む量とタイミングに注意しましょう。

【食べ過ぎNG!疲れやすくなる糖質】
糖質の摂りすぎは、代謝が悪くなり、疲れがとれにくくなります。
糖質は、清涼飲料水や甘いスイーツだけでなく、ごはんやパン、果物にも含まれています。
炭水化物の摂りすぎも良くありません。糖分はエネルギーにもなりますが、血糖値を急激に上昇させてしまうので肝臓に負担がかかってしまい、だるさや疲れがたまりやすくなります。
食べ過ぎや偏った食生活にならないよう、バランスよく食べるように心がけましょう。


お疲れ顔、お疲れ目をリフレッシュできる簡単セルフケア

「疲れ気味じゃない?」と誰かに言われたとたん、一気に疲れが倍増したような経験はありませんか?
40代は「疲れてみえる」という言葉にとても敏感になりますよね。
「たるみ」や「ほうれい線」が目立ち始めると、一気に老け顔の印象になります。
これはお肌の乾燥や、頬の筋肉の衰えが原因です。

そして目の疲れも悩みのたね。パソコンにスマートフォンやタブレットなどの画面を見るシーンは増え続けていますよね。40歳を過ぎると涙の分泌量が減り、目が乾きやすくなります。また目の中のピントを調節する筋肉の弾力性も衰えはじめ、ピントが合わせにくくなり、疲れ目やかすみ目の原因となります。目が疲れると、上半身の血行が悪くなり、肩こりの症状もあらわれます。
老化だとあきらめずに、簡単なセルフケアでお疲れ顔や疲れ目を改善できます。

【お疲れ顔対策】
●洗顔のしすぎや、UV対策を怠らない(お肌の乾燥は大敵!)
●寝る前には保湿クリームで肌の水分をキープする
●口角をあげて、頬の筋肉を鍛える(朝と夜は鏡の前で笑顔チェック!)
●甘いお菓子を控えて、肉、魚、海藻を食べる(良質なタンパク質とミネラルや食物繊維を補給!)

【疲れ目対策 パソコン環境を見直す】

●パソコンの画面を見下ろす角度に設定する(見上げた状態は、まぶたを全開にしてしまい、目が乾燥しやすくなる)
●パソコン画面の文字のフォントを大きくする
●エアコンの風が目に直接当たらないようにする(目を乾燥させない!)
●10分に1回、2~3秒遠くのものにピントを合わせたり、近くにピントを合わせたり、目のピント調節役毛様体筋を鍛えなおす!

 


慢性的な疲れの根本原因はお疲れ気味の肝臓かも

肝臓が疲れていると、慢性的に疲れやすいということを知っていますか?
肝機能の低下が脳へのエネルギーの供給不足を引き起こし、疲労感につながっています。

肝臓は食べものを分解してエネルギーに変える役割と、体内の有害物質を浄化するという役割を担っています。
有害物質とは渡井たちの生活から切り離せない食品添加物や化学物質です。口から入った食品添加物は、尿や便となって約90%体の外へ排出されますが、皮膚から取り込んだ化学物質は約10%程度しか体の外へ排出されず、体内に残ってしまいます。それらを肝臓は毒性の低い物質に変えて体の外へ排出しやすいように働きかけてくれますが、オーバーワークになると肝機能は低下し、毒素は体内に残ったままになってしまうのです。

体内に毒素が残った状態は疲れやすい状態で、朝なかなか起きられなかったり、子宮など生殖機能が乱れ、生理前の不調がきつくなったり、体の不調を感じやすくなります。
肝臓はタフな臓器と言われるほど、我慢強く働き続けてくれます。しかし、40代になって体の変化を感じはじめたなら、肝臓もケアしてあげましょう。

 


40代の疲れをリセットできる!ヘナを含んだハーブ浴で肝臓のデトックス

ストレスフリーな生活や、化学物質抜きの生活はとても難しいですよね。体に入ってくるのは避けにくいので、しっかりデトックスして自分の体をメンテナンスしてあげましょう。

日本では「やさしい白髪染め」として馴染みのある植物「ヘナ」を含んだハーブ浴なら、体内に蓄積されている添加物や化学物質などの毒素を排出することができます。古代から続く自然治癒力を引き出す治療法「アーユルヴェーダ」では、ヘナは毒素を排出したり、皮膚の病気などにも利用されてきました。
デトックスすることで疲れた肝臓や子宮を元気にすることができるので、慢性的な疲れや生理前の不調も緩和できます。

ハーブ浴とは、湯船の中にハーブを入れるわけではありません。
「よもぎ蒸し」のように、穴が開いた椅子に座った状態で、ブレンドしたハーブを煎じた蒸気で体を温めます。ヘナには肝臓の毒素を排出したり、子宮の働きを整えてくれる成分が含まれています。蒸気で体内に取り入れることで、人間本来がもっている自然治癒力を引き出し、毒素を排出しやすくしてくれます。

pure room ma-ruでは、生理前の不調や倦怠感などを感じているお客様にむけてハーブ浴を紹介しています。

【美坐浴体験キャンペーン】
●美坐浴30分 + デトックスアロマボディ60分 ¥8400円
(見守り保育付きプランなら¥9,800円すべて税込価格)
「肝臓を元気にする=体が元気になる」ということは、まだまだ知られていませんが、きっとヘナの自然の力に納得していただけると思っています。疲れやすくなったと感じたら、一度ハーブ浴をお試しください。

生理前の不調の原因を知って自分にあった対処法を見つけよう

生理が近づくと怒りっぽくなったり、肌荒れがひどくなった、頭痛や腰痛、胸のはりなどが気になりませんか?

これは月経前症候群とよばれる女性特有の症状です。
生理前の不調には個人差があり、症状もなんと200種類以上!
とくに30代の女性は、取り巻く環境と自分の体に変化が生じやすい時期とかさなり、生理前の不調を強く感じる方が多いようです。
定期的におとずれる生理前のイヤな時期を少しでも快適に、普段通りに過ごせるように、原因と対処法を紹介します。


目次

1.生理前の不調があらわれる時期と症状

2.生理前の不調の原因

3.自分でできる生理前の不調をやわらげる4つの対処法

-1 軽い運動でむくみと頭痛や肩こり解消
-2 ビタミン・ミネラルをしっかり補給できるよう食事を見直す
-3 生理前の不調に効くツボ押しやマッサージでセルフケア
-4 アロマの力でやさしく生理前の不調を改善

4.生理前の不調にも効果的!お腹の冷えを改善できるホットストーンをプラスしたアロマトリートメント


1.生理前の不調があらわれる時期と症状

PMS対策

 

生理前の不調は、一般的に生理が始まる1~2週間ぐらい前から、心と体に様々な症状があらわれます。
約8割の女性が多かれ少なかれ異変を感じていますが、症状には個人差もあり、その時期の体調も大きく影響します。
精神的な症状では、イライラする、無気力になる、不安を感じるなどがあり、感情をコントロールするのが難しいと感じるようになります。
体にあらわれる症状では肩こり、頭痛、腰痛、むくみ、胸のはり、肌荒れ、体重増加など様々です。
なかには、微熱や吐き気、めまい、歩けないほどの倦怠感に悩まされる女性もいます。


2.生理前の不調の原因

生理前の不調を引き起こす原因はいくつかあります。
大きな原因は、排卵をきっかけに女性ホルモンのバランスが乱れることと言われていますが、そのときの体調や自分を取り巻く環境で原因も症状も異なります。

仕事や育児など不規則な生活が続き、ストレスがたまりがちの場合、自律神経のバランスが乱れやすくなっています。
体の機能をコントロールしてくれる自律神経が乱れると、体は冷えやすくなり、血行不良により代謝が鈍り、むくみやすい状態になります。肩こりや頭痛、むくみ、めまいなどの症状がきつくあらわれる人は自律神経の乱れが考えられます。

ふだんよりイライラしたり、塞ぎがちになったり、食べ過ぎたり、感情をコントロールできないと感じる人は、セロトニンの低下が影響しています。
脳の中にある神経伝達物質のセロトニンが足りなくなると、気持ちが不安定になります。30歳を過ぎると脳内のセロトニンは減少しはじめるので、生理前の不調として、精神面の不調を強く感じる人が多くなります。


3.自分でできる生理前の不調をやわらげる4つの対処法

 -1 軽い運動でむくみと頭痛や肩こり解消

自律神経と女性ホルモンの乱れから、むくみや肩こり、頭痛などが気になる人は、軽い運動で代謝と血行を良くすることが大切です。
気持ちが沈んでいたり、「しんどいな・・・」と思っている時に、激しい運動は体により負担をかけてしまいます。でもじっとしていては、ますます筋肉は緊張した状態で固くなり、代謝が鈍り不調も改善されません。
ストレッチや散歩など軽い運動をすることで、代謝もよくなり、むくみや頭痛、肩こりも軽減され、心もリラックスできます。
動くのがつらい時は、意識して深呼吸するだけでも頭がすっきりしてきます。

 -2 ビタミン・ミネラルをしっかり補給できるよう食事を見直す

生理前の時期はとくに一日三食規則正しい食事を心がけましょう。

女性ホルモンと似た作用をもつ大豆製品や、貧血予防になるレバー、子宮の収縮作用を抑える青魚、血行を良くするアーモンドなどナッツ類を取り入れながら、バランスよく食べられれば不調をやわらげることができます。

しかし仕事や育児で忙しい時には、バランスの良い食生活はなかなか難しいもの。そんなときは、主食のごはんやパンをビタミン・ミネラルが含まれるものに切り替えるのがおススメです。
玄米にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。パンも胚芽や玄米が入っているものを選ぶと良いでしょう。
おやつには、ビタミンやミネラルが取り除かれた白い砂糖で作られたケーキやチョコレートは控えて、イモ類やナッツを食べるようにしましょう。

 

 -3 生理前の不調に効くツボ押しやマッサージでセルフケア

セルフケアでツボ押しやマッサージをすると、痛みやむくみをやわらげることができます。体があたたまっているお風呂上りなどに行うのが良いですが、仕事中でも出来るツボ押しやマッサージもあります。食後すぐのタイミングは避けましょう。

【生理前にお腹が痛いときのツボ】
ホルモンバランスの乱れから、腸の動きが鈍くなり便秘になる場合があります。ツボを押す手を温めてからやるのがおススメです。
おへそから左右に指3本ほど離れた位置を、息を吐きながら10回ほど押します。

【イライラするときのツボ】

生理前の時期にイライラするのは、自律神経のバランスが乱れているからかもしれません。自律神経が乱れると、体は冷えやすくなり筋肉は緊張した状態になります。ポンプ機能役の筋肉が硬くなると血の巡りも鈍ってしまうので、頭痛や肩こりの症状がひどくなります。
そんなときは、足の甲の親指と人差し指の骨の交差している部分を親指で5秒くらい押してみましょう。朝と夜に10回ほど繰り返すようにすれば、自律神経の乱れが落ち着きます。

 

【腰痛に効くツボ】
ひざ裏の真ん中あたりを、親指でグイっと圧をかけるように押します。裸足になる必要もないので、オフィスで仕事中にもできますね。

 

【胸のはりに効くマッサージ】


生理前に胸が痛くなったり張りを感じるのは、むくみの症状の一つで、体の中の余分な水分が胸にたまっていることが考えられます。血管や乳腺に刺激をあたえすぎないように、やさしくマッサージして血流を促しましょう。

(1)胸のマッサージ前に、首と肩をまわして、血行を良くする。

(2)乳房を両手で包み込んで円を描くようにマッサージします。

(3)両手を上げ下げして肩の筋肉をほぐす
20秒ほど両手を上にあげてのびをします。腕をおろすときもゆっくりと。2~3回繰り返しましょう。

 

【足のむくみに効くマッサージ】


生理前は体が冷えやすい状態なので、足の筋肉も硬くなりポンプ機能が鈍ります。血行が悪くなるので、足もむくみやすくなります。足にたまってしまった水分を排出しやすくするために、足裏から足首、ふくらはぎ、ふとももと順番にマッサージしていきます。

(1)足首をまわす
座った状態(椅子でも床でもOK)で、片足をもう片方の足の上にのせて、足の指と手の指を組むようにしてから、ゆっくりと足首をまわします。

(2)足の裏全体を親指でおす
足の裏を手で包み込むようにして、手の親指で足裏をマッサージ。少しずつずらしながら全体をまんべんなくマッサージします。

(3)足首からふくらはぎ、太腿まで下から上にさするようにマッサージ

 -4 アロマの力でやさしく生理前の不調を改善

サロンに来られるお客様からも「生理前の不調や、生理痛に良いアロマオイルはありませんか?」と聞かれます。

悩まされている症状は様々ですが、代表的な症状におすすめのエッセンシャルオイルを紹介します。

 -1 イライラする・・・ ラベンダー、イランイラン、サイプレス

 -2 情緒不安定・・・カモニール・ローマン、ゼラニウム

- 3 体のだるさ、倦怠感・・・ペパーミント、ラベンダー、ローズマリー

 -4 腰痛、頭痛、腹痛・・・クラリセージ、ラベンダー

 -5 むくみ・・・グレープフルーツ、サイプレス、ジュニパーベリー

アロマオイルの簡単な使い方

お風呂に数滴たらして芳香浴や、キャリアオイル(ホホバオイルやスイートアーモンドオイル)にエッセンシャルオイルを数滴たらして、お腹や脚にぬってセルフマッサージをしても効果があります。
お腹部分をマッサージするときは、おへそを中心に時計回りにゆっくりと。
脚をマッサージするときは、足裏をこぶしで擦るように刺激してから、足首から膝まで両手で擦りあげるようにマッサージしてみてください。
お風呂上りなど、体が温まっている時に行えば、よりスッキリできます。

 

アロマオイルの選び方

効用を意識して選ぶ方が多いようですが、まずは自分が好きな香りがどうかが大切。
良い香りと感じたものが、そのときの気分や体調に必要なアロマオイルです。
効用は参考にしながら、お気に入りの香りを見つけてください。


4.生理前の不調にも効く!お腹の冷えを改善できるホットストーンをプラスしたアロマでトリートメント

生理前の時期は、女性ホルモンの影響で体内に水分がたまりやすくなっています。これがむくみの原因にもなっていますが、体の中が冷えやすい状態ともいえます。

体が冷えてしまうと、代謝力も低下し、ますますむくみ、ますます冷えてしまうという悪循環が生じます。
さらに仕事や育児が忙しかったり、睡眠不足など過度なストレスも自律神経のバランスが乱れ、ますます体は冷えやすくなります。
体が冷えた状態で、生理前の時期を迎えると、頭痛、めまい、胃のもたれ、むくみ、便秘、だるさなどの不調があらわれます。

セルフケアにプラスして、サロンで体感していただけるお腹の冷えを改善するトリートメントコースはいかがでしょうか。
リラクゼーションサロン凛では、ホットストーンで深部まであたためてからトリートメントを行うコースをご用意しました。
心地よく感じる香りや体調や気分で変わってきます。事前のカウンセリングで今日の気分に合った香りを選んでいただき、体調にあわせてブレンドさせていただきます。
アロマの香りと効能に加えて、大地の力をそなえたホットストーンで温めれば、血液の循環がよくなり、芯から温まり、お腹の冷えも改善されます。

「PMSや生理痛が重くてつらい」というお客様の声から生まれたコースです。定期的におとずれる、憂鬱な時間を少しでも快適に過ごせるように見直してみませんか?

生理前の不調に悩まれている方は、ぜひお試しください。

 

 

 

 

女性の大敵!足のむくみの原因と解消法

多くの女性が気にしている足のむくみ。
夕方になると靴がパンパンにきつくなったり、足がだるくてつらいですよね。
デスクワークや立ち仕事などで長時間同じ姿勢でいる人は、足のむくみは職業病だとあきらめていませんか?
足のむくみをそのままにしておくと、体の中の循環が鈍り、足も太くなってしまうことがあります。
足がむくんでしまう原因は様々で、それによって解消法も変わってきます。
自分にあった解消法をみつけて、足のむくみからサヨナラしませんか。
足のむくみを引き起こす原因と解消法や便利グッズを紹介します。


目次

1.足がむくむ原因
2.毎日続けることでスッキリ!足のむくみ解消法
3.足のむくみがとれる簡単マッサージ
4.セルフケアだけでは物足りないと感じたら、足のむくみに効果のあるアロマオイルとホットストーンを使って集中ケア
5.まとめ


1.足がむくむ原因

大人の女性なら誰にでも起こりうる足のむくみの原因は、体内の血液やリンパの流れが滞った状態だったり、体が冷えていることが影響していることが多いようです。
また、仕事や育児などで寝不足だったり、ストレスを抱えていても自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れ、むくみが生じます。

1-1 体の中の水分や老廃物の排出がスムーズに行われていない

デスクワークなどで長時間、太ももを圧迫し、足の筋肉を動かさない状態で過ごしていると、血液やリンパを足にめぐらせるポンプ役のふくらはぎの筋肉が固くなり代謝が鈍ってしまいます。
老廃物や水分の受け渡し役であるリンパの流れが滞ると、下半身に老廃物や水分がたまりがちになり、足のむくみが生じます。立ち仕事の場合も腰を圧迫し続けた状態なので、代謝が鈍くなり、足がむくみやすくなります。

デスクワークや立ち仕事以外で水分や老廃物の排出を滞らせてしまうのが、締め付ける下着やハイヒールなど踵の高い足を締め付ける靴です。
これらは血行を悪くして、筋肉を硬くしてしまうので、むくみやすくなります。むくみがひどいと感じるときは避けたほうが良いでしょう。

 

1-2 体が冷えている

オフィスやお店で働いていると、一日中空調の整った場所で過ごすことになります。
とくに夏のエアコンの冷たい空気は下にたまりやすく、足を冷やしがちです。
冷えた状態は血行が悪くなり、代謝が鈍り、足がむくみやすくなります。
足がむくんだ状態は筋肉も固くなっているので、皮下脂肪がたまりやすく、そのままにしておくと足が太くなってしまいます。

 

1-3 自律神経を乱す不規則な生活と偏った食生活

仕事が忙しくて睡眠不足だったり、ストレスを抱えていると自律神経が乱れてしまいます。
また塩分や糖分の多い偏った食生活も、自律神経はバランスを崩してしまいます。
自律神経が正常な状態なら、体の中の老廃物や水分の排出を自動的に行ってくれますが、乱れてしまうと足がむくみやすくなるだけでなく、体全体に不調を感じてしまいます。

 

1-4 ホルモンバランスの乱れ

生理前は女性ホルモンのバランスが崩れて、体内の水分が排出されにくくなります。
生理前のむくみは、足だけでなくお腹や胸などにも水分がたまりやすくなり、不調を感じやすくなります。
この時期にストレスを抱えていたり、風邪などで体調を崩していると免疫力が落ちてしまい、さらにホルモンバランスが乱れて、不調を感じやすくなります。
またホルモンバランスは、喫煙やお酒の飲みすぎによって乱れることもあります。
自分の体の周期も意識する必要がありますね。

PMS・月経前症候群の原因を知って自分にあった対処法を見つけよう


2.毎日続けることでスッキリ!足のむくみ解消法

毎日継続的に運動をすることは難しいですよね。
足のむくみはふくらはぎの筋肉の衰えと、生活リズムの乱れが大きく影響しています。
デスクワークしながら、足の軽い運動をやってみる、睡眠時間を確保するために家事を少しだけ手抜きする、履いているだけで足のむくみが楽になる着圧ソックスを試してみるなど、無理のない範囲でむくみと向き合ってみましょう。

2-1 デスクワークの合間にふくらはぎの筋肉を動かす軽い運動を取り入れよう

足の筋肉を鍛えることで、ポンプ機能が活発になり、足がむくみにくくなります。
女性は男性よりも皮下脂肪が多く、筋肉量が少ないので、ポンプ機能が弱りがちです。
デスクワークで座りっぱなしなら、2時間に一度はトイレに行ったりお茶を入れるなど動くようにして、意識的に軽い運動を行うようにしましょう。
おススメの簡単な軽い運動は、つまさきと踵をパタパタと10回程度動かすこと。
これだけでもふくらはぎの筋肉を動かすことができて、うっ血した状態が緩和されます。
イスに座ったままでも出来るので、デスクワークしながらパタパタと動かしてみてください。

 

2-2 ストレスを減らし、規則正しい生活リズムを取り戻す

足のむくみの原因が、ストレスや睡眠不足も影響しています。
時間に追われるように忙しいときは、少し家事など手抜きして、ゆったり出来る時間と睡眠時間を捻出し、バランスを崩さないようにしましょう。

お風呂に入るときはアロマオイを利用して芳香浴はいかがでしょう。
湯船にお湯をはり、好きな香りのエッセンシャルオイルを数滴たらします。香りが嗅覚を刺激し、皮膚からもエッセンシャルオイルの成分が浸透することでリラックスできます。
また冷え切った体には半身浴がおすすめです。
自分の体温より少し高めの温度に設定し、30分ほど半身浴すれば血行が良くなり、汗もかくことができるので代謝もよくなります。水分を補給しながら、肩にタオルをかけてゆったりとした時間を過ごしましょう。
お風呂で体をあたためることが出来れば、眠りにもつきやすくなり、睡眠不足も解消できます。

 

2-3 むくみ対策に効果のある食材を取り入れながら、バランスのとれた食生活を心がける

むくみを予防できる栄養素は、カリウムとマグネシウム、ビタミンです。
スナック菓子や味付けの濃い食べ物などを食べ過ぎてしまうと、カリウムが失われてしまいます。
外食が続いたり、食生活が偏ってしまっているときは、意識してむくみ対策に効果のある栄養素を摂るようにしましょう。

カリウムが豊富に含まれているのはじゃがいも。
じゃがいもはカリウムのほかに、美肌効果のあるビタミンCやイライラをふせぐパテントン酸なども含んでいます。
他にカリウムを多く含む食品は、ひじきなどの海藻類、干ししいたげ、アボガド、ほうれん草、小松菜などがあります。

マグネシウムとビタミンの両方を含んでいるのが、アーモンドなどナッツ類。
アーモンドにはカリウムも含まれています。
これらはホルモンバランスを整えるのにも効果があります。
チョコレートやスナック菓子を控え、ナッツ類をおやつに食べるといいですね。

 

2-4 デスクワーク中も正しい姿勢をキープ出来れば足のむくみや腰痛も軽くなる

猫背がちになったり、足を組んだ状態で長時間座っていると、足のむくみや腰痛、頭痛を引き起こします。
イスに座ったら、両足とも地面についた状態を心がけましょう。良い姿勢が取りやすくなります。
良い姿勢をキープしやすくするために、椅子の背もたれと背中の間に厚手のクッションなどをはさむのもいいですよ。

長時間のデスクワークでも腰痛知らずになれる!対処法とお助けグッズ

 

2-5 デスクワークしながらむくみ対策が出来る着圧ソックス

着圧ソックスとは、一般的なストッキングやレギンスとはちがって、足首・ふくらはぎ・ふとももと部分別に異なる圧力がかかるように設計されています。
運動不足や加齢によって衰えがちな足の筋肉のポンプ機能をサポートしてくれるので、むくみにくくなり、美脚をキープできます。
自宅用やオフィスで履けるストッキングタイプ、就寝用、短時間でむくみを取り除くタイプなど様々な種類が販売されています。
使いたい時間や用途に合わせて履き替えてみると良いでしょう。


3.足のむくみがとれる簡単マッサージ

お風呂上りや就寝前に、足のむくみを取るマッサージをしてみましょう。
それぞれ15秒程度でも、リンパの流れをスムーズにすることができて、スッキリできます。

3-1 親指を使って足の裏と足の甲を押す

両手で足の裏を包み込み、親指で足裏を押します。
痛くない程度の力で10秒ずつ、足裏全体を押します。
足の甲にも、むくみに効果的なツボがたくさんあるので、押してみましょう。
痛みを感じる部分は押す力を弱めて、回数を多く押してみましょう。

3-2 足首からふくらはぎまでマッサージ

足首からひざ裏にはリンパが流れています。
流れにさからわず、足首からひざ裏通ってふくらはぎまで、手のひら全体でマッサージします。

3-3 太ももの内側を左右の手で交互にマッサージ

膝から太ももの内側を通って足のつけ根まで。手のひら全体でさするようにマッサージします。

寝る前に1日10分間!足裏マッサージから始めて、太ももから足のつけねまで、マッサージタイムを作ってみましょう。眠りにもつきやすく、目覚めもスッキリします。
習慣になるまで少し大変ですが、がんばってみましょう。


4.セルフケアだけでは物足りないと感じたら、足のむくみに効果のあるアロマオイルとホットストーンを使ってサロンで集中ケア

セルフケアだけでは物足りないとき、リフレッシュする時間を作りたいとき、サロンで集中ケアはいかがでしょうか。
銀座にあるヒーリングサロン「凛」では、ホットストーンで体の芯からあたためて血行を良くし、筋肉をリラックスさせてからアロマトリートメントさせていただきます。
サロンに来られるお客様も、体が冷えている方が多いのですが、自分では気づいていない方もいらっしゃいます。
体の冷えを改善すれば、足のむくみだけでなく、女性特有のPMSなど体調不良も和らげることができます。

夏にホットストーンと聞くと、暑くて敬遠しがちですが、エアコンや冷たい飲み物などで体を冷やしがちな時期こそ、じんわりと体の中からあたためることをおすすめします。
温まった体にむくみに効果的なグレープフルーツやローズマリーなどのエッセンシャルオイルをブレンドしてトリートメントすれば心身ともにスッキリすることができます。


5.まとめ

足のむくみをそのままにしておくと、体の冷えやだるさ、疲れやすさを感じやすくなります。
ふくらはぎの筋肉を動かす軽い運動や、マッサージを生活の中に取り入れて、食生活も少し気にするようにすれば、足のむくみは軽減されます。
ちょっと努力したり、意識するだけで変わってくるはずです。
しかし、運動不足や生活習慣などが原因の一過性のむくみではなく、肝臓や腎臓、心臓などの病気が原因の場合もあります。むくみの症状がなかなか改善されない場合は、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

授乳中の疲れを癒せる産後エステはいつからOK?どんな効果があるの?

出産から3ヶ月経った頃、最初の育児ストレスがやってきます。

眠いのに、なかなかぐっすり眠れない。
産後体型のたるんだお腹も戻らない・・・
辛くなってきた手首や肩、腰の痛み・・・

髪はパサパサ、お肌もくすみやクマが目立ってきた気がする・・・!

二人目出産のママも、最初の出産の時ほど時間の余裕もなく、
疲労はピークに達していませんか?寝不足だけでなく、産後のホルモンバランスの乱れも影響し、疲れは溜まり、自分が老けてしまったように感じていませんか?

溜まった疲れをリセットしたいなぁと思いませんか?
疲れた気持ちと体に、産後エステはいかがでしょう。
近頃のエステサロンやリラクゼーションサロンは、子連れOKだったり、託児スペースのあるサロンも増え、産後のママが訪れやすいお店が増えました。

どんな風ケアが出来るのか、いつ頃から通えるのか紹介します。


目次

  • 産後エステではどんな効果が期待できるの?
  • 産後エステはいつから行くのが良い?
  • 授乳中でもサロンに行くことは可能なの?
  • 産後のイライラにも効くアロママッサージ
  • 子連れOKの託児付きサロンで赤ちゃんの肌トラブルも解決
  • ママが感じる孤独感や疎外感をやわらげるサロン

産後エステにはどんな効果が期待できる?

産後エステの目的は、体を妊娠前の状態に近づけること。
そして育児ストレスを軽くするためにリラックスできる時間をもつことです。
エステサロンやリラクゼーションサロンでは、産後のママが気になっているお肌や体の疲れをケアするコースがあります。

フェイシャルエステ

妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れと、生活の変化から疲れてしまったお肌のお手入ができます。
フェイシャルエステは体にも負担がかからないので、産後1ヶ月くらいから受けることが可能です。
お肌にハリとツヤを取り戻せるので、それだけで心に余裕がもてます。

ボディエステ

産後体型を戻すのは、産後6ヶ月くらいまでがベストといわれています。
とくに体調が戻り始める産後3ヶ月の頃が、妊娠前の体型に近づけるのに一番良い時期です。
妊娠・出産で開いてしまった骨盤まわりをケアすることで、リンパや血行の流れをスムーズにし、下半身太りをおさえることができます。
妊娠線やお腹まわりは、伸びた皮膚のケアを重点的に。
お尻のたるみや足のむくみなど、中半身のケアも体のだるさが解消され、リフレッシュ出来ます。

バストケア

授乳によるバストのたるみやしぼみを元に戻すバストアップやバストケアは、授乳中は避けましょう。
バストアップのケアは、赤ちゃんがミルクに切り替わったり、卒乳してからが良いでしょう。

リンパマッサージ

授乳や抱っこで同じ姿勢を長く続けていると、肩こりや腰痛、手首の痛みなどを慢性的に感じると思います。
寝不足や授乳などで疲労が溜まり、むくみやすくなったと感じることもありますよね。
体のこりや痛み、むくみにはリンパマッサージが効果的です。
マッサージでリンパ液の流れをスムーズにすると、痛みがやわらぐだけでなく、リラックス・疲労回復効果があります。
美容の面でも効果的で、血行もよくなり、気分も顔色もスッキリ出来ます。

 産後エステはいつから行くのが良い?

エステ開始時期は、産後3ヶ月を目安に。
自分の体調を考えながら、赤ちゃんの定期健診時にでも、産婦人科のお医者さんにマッサージやエステを受けても大丈夫か相談しておくと安心です。
自然分娩で出産した場合、母子ともに健康なら1週間程度で退院しますが、産後1ヶ月の頃はまだ体は元通りの状態ではないので、休養を心がけ、体に負担をかけないようにしましょう。
また帝王切開の場合なら、お腹を切っているので、傷口の治りを優先することが大切です。お医者さんに相談しながらエステやボディケアは行うようにしましょう。

産後エステは授乳中でも大丈夫?

リンパマッサージやボディラインを整えたいときは、授乳中でも可能です。

ただ授乳により、たるんでしまったと感じるバストのケアは、卒乳してからにしましょう。
何よりも体調が落ち着いていること。
体に大きな負担を与えるようなものは避けましょう。
サロンによっては、授乳中は受付していな場合もあるので予約時に確認が必要です。

産後のイライラにも効くアロママッサージ
育児疲れを癒すのに、リラクゼーションサロンはいかがでしょう。
心身共にリラックスできる時間を作ることで、赤ちゃんとの幸せで穏やかな時間を過ごすことが出来ます。
運動不足による筋力低下で、足がむくんだり、抱っこや授乳で首や肩がこったり、背中にハリを感じることはありませんか?
アロマの香りで嗅覚を刺激し、皮膚からもエッセンシャルオイルの成分が浸透し、心と体にやさしくはたらきかけます。
心身をリラックスさせるアロマセラピーは産後の乱れたホルモンバランスを整えるのにも有効です。
精油の濃度を従来より薄くしておけば、アロママッサージの後、赤ちゃんを待ちぼうけさせることなく授乳も出来ます。
ホルモンバランスに効果があると言われている精油には、大きく4つの効果があります。
  • 女性ホルモンの分泌を促す
  • ホルモンバランスを整える
  • 女性ホルモンの様な働きをする
  • ホルモンバランスの乱れから起こる身体の不調を和らげる
これらの効果が期待できるおススメの精油は、クラリセージ、イランイラン、ローズ・オットー、ゼラニウム、ジャスミン です。
効果はホルモン剤など薬に比べると穏やかですが、副作用もなく安心して使えます。

効果があるといっても、苦手な香りでは効果が半減してしまいます。「あ、この香り好きだな」と感じる香りから試してみましょう。

アロマセラピーは、大好きな香りに癒される事でより効果が期待できます。
ハンカチにお好みの精油を1~2滴たらすだけでも簡単に楽しめます。
またアロマディフューザーを使って部屋全体で香りを楽しむのもいいですね。
産後に、うつうつとした気持ちになった時には、是非アロマセラピーを試してみてくださいね。

訪れたサロンでのカウンセリング時間に、セラピストと相談しながら体調と気分に合わせて香りをブレンドしてもらうのもいいですね。


子連れOKの託児付きサロンで赤ちゃんの肌トラブルも解決

pure room ma-ruでは、産後1週間でも、体に負担を与えないように
アロママッサージをさせていただいています。
精油の濃度も、授乳中のママの場合は薄くしているので、施術後すぐの授乳も心配ありません。
赤ちゃんの首がすわった時期からは、保育士や育児経験者である、スタッフによる見守り保育も受付しています。
サロンの近くの公園にスタッフが赤ちゃんを抱っこしてお散歩に出ることも。赤ちゃんもリラックスできているのか、そのままスタッフの腕の中でスヤスヤお昼寝してくれたりします。

サロンに赤ちゃんと一緒に来店されるママは、赤ちゃんの肌荒れなども気にされています。
「乾燥気味なのかな」
「ベビーローションが合っていないのかな」
自分の産後の疲れも悩みの種ですが、赤ちゃんの肌荒れも気になりますよね。
そんなときには、アロママッサージで使用する、ベースとなるホホバオイルなら、赤ちゃんにも安心して使うことが出来るので紹介したり、アドバイスさせていただいています。

また、毎月「ママに優しい日」を実施しています。
小さなお子様と一緒に気軽にサロンへ来ていただけるように、実施日は見守り保育料金を無料にさせていただきました。ぜひご利用ください。
実施日などはお問合せください。
pure room ma-ru  TEL03-6264-4315


ママが感じる孤独感や疎外感をやわらげるサロン

pure room ma-ruに来店される産後3ヶ月を過ぎたお客様に、施術後に感想を伺ってみると、
「久しぶりに楽しい時間を過ごせました」
「肩がスッキリした!」
「育児に余裕がもてそう」
とおっしゃってくださいます。また、ma-ruでは、施術前に水素吸入を体験していただいています。
リフレクソロジーやマッサージを受ける前に水素を取り入れると、よりリラックスした状態で施術を受けていただくことができます。
『水素の効果を徹底検証!40代育児疲れの救世主になるか?!』
 可愛いわが子との時間はかけがえのない時間ですが、毎日の慣れない育児でママは孤独感や疎外感を感じてしまうことがあります。
そんな気持ちを少しでも和らげることができるリラクゼーションサロンでありたいと、ma-ruは考えています。
産後の数ヶ月は可愛い赤ちゃんとの生活に慣れるための大切な時間。
無理せず体調を回復させて、心と体に疲れをためることなく、ますます慌ただしくなる育児にそなえたいですね。

女性にありがちな仕事のストレス、今すぐリセットしよう!

働く女性はストレスが溜まりがち、こんな悩みを抱えていませんか?
簡単にできる解消方法と、疲労回復とストレス解消のためのアロマ活用法をご紹介します。

 職場の人間関係の悩み

仕事の悩みごとで一番多いのが、「人間関係」ではないでしょうか。
無理難題を押し付けてくる上司との人間関係、同僚・部下との人間関係・・・
そして女性同士の関係で、めんどくさい、嫌な思いをした、という方は多いのではないでしょうか。

上司や部下とどう接していいのか分からない悩みもありますよね。

職場での人間関係対処法

  • 他人は変えられないと割り切り、目の前の仕事に徹する
  • 嫌いな相手にほど笑顔で接してみる
  • 趣味を見つけて、プライベートの時間を充実させる。
  • 親しい人に話を聞いてもらうなどで気持ちを切り替える

仕事が忙しすぎて自分の時間がない、難しいことを任される

仕事量が多すぎて終わらない。
残業も多い上に任されることが難しくなってくる。
仕事に追われるあまり、自分の自由な時間がなくなっていることがストレスになっていませんか?
短時間でできるストレス発散方法
  • 1時間だけ、何も考えず自宅で海外ドラマを見る。
  • 1時間だけ、ひとりでカラオケ。
  • 1時間だけ、大好きな本を読みながら半身浴。
仕事のストレス解消法は「誰かと話す」「寝る」「美味しいものを食べる」と考えている女性が多いようです。

その日のうちにストレスをリセットできるような、自分なりの解消法をストックしておくと心強いですね。


パソコンに向かいっぱなしの仕事がストレスになる

「パソコンを毎日ずっと見ていて疲れてしまう」
オフィスで働いている多くの女性が抱える悩みですよね。
一日中パソコンと向き合い、モニターからの光を凝視することで、交感神経が常に刺激され続けた状態になっています。
さらにパソコンモニターから発するブルーライトは目に負担がかかります。
座りっぱなしのデスクワークは、腰に負担を与え、肩こりや首の疲れ、腰痛など、カラダは疲れがたまりがち。

職場のパソコンが動きが遅くてイライラしたり、ストレスは溜まる一方という状態に陥ってしまいがちですね。

ストレス解消のポイント

  • パソコンを使用するイスや机の高さを見直してみる。
  • ディスプレイの明るさを、室内と画面が同じ明るさ程度に変えてみる。
  • 少しの時間でも適度なリフレッシュや、体を動かすことを心がけましょう。
  • イスに座りながらでも出来る、肩回しストレッチ。
  • 温かいタオルを目の上にのせて、目を休める。
  • 休日はパソコンやスマホから離れる時間を作ってみる。

通勤時間が長いのがストレス

職場の近くに住むことができたらいいのですが、難しい状況もありますね。
通勤時間が20分以上かかる人は、大きくストレスを感じているという調査結果もあります。
疲れを感じやすく、日中も楽しさを感じられないという傾向があるようです。
しかし、ものは考えよう。長い通勤時間を有効な時間に切り替えることを考えてみましょう。

ストレス解消のポイント

  • 通勤時間を考える時間、勉強する時間と切り替える
  • 本を読む
  • 思い切って時差通勤や通勤ルートを変更してみる
  • いつもより朝早い時間の電車に乗って、朝活や朝ヨガに参加してみる


 長時間立ちっぱなし、または座りっぱなしで足がつらい、むくみがひどい

 デスクワークなどで座りっぱなしや、販売業で立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢で過ごしていると、体内の循環は鈍くなり、むくみやすくなります。
特に女性は男性よりも筋肉量が少ないので、筋肉運動で流れるリンパ液を押し戻す力が弱く、代謝もにぶりがちです。
毎日続けやすいむくみ対策
  • 体を冷やしすぎないよう、カーディガンとひざ掛けを常備
  • むくみがちだからと水分を控えめにするのはNG!体温以上のあたたかさのもので水分補給
  • 入浴タイムはぬるめのお湯で、湯船にゆっくりと
  • 疲労物質を体にためこまないように、良質な睡眠を心がける

仕事のストレス解消にアロマがおすすめ!

ストレス解消にアロマセラピーを取り入れてみましょう。
好きな香りだなと感じることは、脳や神経が反応して、神経系を落ち着かせる作用をもたらします。
使用量が多すぎると、香りが強すぎて気分が悪くなることもあります。
お気に入りの香りをみつけて、数滴何かに垂らして楽しんでみましょう。
リラクゼーションサロンへ訪れて、
体調や抱えているストレスに合わせてブレンドされたアロマの香りに癒されながら、
マッサージを受けるというのも、ストレスをリセットできますよ。
【簡単!アロマセラピーの楽しみ方】
  • ハンカチやティッシュに1滴垂らして、持ち歩けるようにしたり、デスクや枕元に置いて楽しむ。
  • 入浴時、湯船に5滴程垂らしてリラックス。(柑橘系はおススメしません)
  • アロマスプレーを手作りしてみる
    作り方はこちらのブログをチェック

 

リラックスしたいときおススメの精油
ラベンダー、ゼラニウム、オレンジスイート
リフレッシュしたいときにおススメの精油
ローズマリー、レモン、ペパーミント
仕事のストレスをためこんでしまわないように、対処法や、解決法を持っていると心強いですよね。
自分なりの、簡単に出来るストレス解消法を見つけてくださいね。

魔の3歳にもイライラしない!育児疲れ解消法

mama-906889_640

子供に話しかけられるとイライラしてしまう。
一日中ぼーっとしたまま時間を過ごしている。

子供と一緒に過ごすことにストレスを感じていませんか?
育児疲れは、あなただけでなく、どのママも経験しています。
時間が解決してくれることもあれば、ちょっと見方を変えるだけで気分が変わることもあります。
自分一人で抱え込まず、まわりの大人や行政に頼ってもいいんです。

このページでは、すぐに出来る育児疲れ解消法をいくつか紹介します。
可愛くて、大好きな我が子に、笑顔で接することができるように、一歩踏み出してみませんか。


【目 次】

  • これって育児疲れ?子どもにイライラしてしまう、気分がうつっぽく沈みがち
  • 今すぐできる!6つの育児ストレス解消法
    1. パパや家族に子供を預けて、1~2時間の外出へ
    2. 一時保育や託児ルームを利用して、自分の時間を取り戻そう
    3. 育児に疲れたときは、友達や行政に相談してみよう
    4. 思いっきり泣くことで育児ストレスも一緒に流す!
    5. ときには家事を手抜きしてもいい
    6. 育児疲れのママを癒す、アロマの香りを暮らしに取り入れてみる
  • どんなママも育児疲れ、育児ストレスを経験しています
  • 子連れエステでお肌も心もリフレッシュ

これって育児疲れ?子どもにイライラしてしまう、気分がうつっぽく沈みがち

子供に話しかけられると嫌悪感を抱いてしまう
一日ぼーっとしてしまう
毎日やる気が起こらない
大人との会話に集中できない

こんな状態が、育児疲れのサインです。

魔の3歳と言われるほど、第一次反抗期を迎える3歳育児はママにとって難問!

「自分でやりたい~」
「これじゃなきゃイヤイヤ」
「何かわからないけどイヤイヤ~っ!」

授乳で睡眠不足だった頃も大変だったけど、3歳児はどんどん自我をぶつけてくる頃。
ママのイライラもピークに近づいてくるのです。


今すぐできる!6つの育児ストレス解消法

(1)パパや家族に子供を預けて、1~2時間の外出へ

一人でスーパーへ買い物に行ったり、近くのカフェにコーヒーを飲みに行ってみたり。
1時間でも一人になれる時間を作ってみると、子供との接し方も変わってきます。
久しぶりの美容室やエステサロンに行くのもおススメ。

夫婦で幼い我が子に向き合う時間、育児疲れについて、話し合うことも大切です。

(2)一時保育や託児ルームを利用して、自分の時間を取り戻そう

保育所や託児ルームの一時預かりを利用したことはありますか?
3歳児は、そろそろお友達と遊べるようになる年頃です。

絵本を読んでもらったり、リトミックでカラダを動かしながら遊んだり、子供にとっても同じ年頃のお友達の存在を感じながら遊ぶ時間は新鮮で、とても楽しいものです。
入園を考えている幼稚園のプレスクールに入るのもおススメ。
幼稚園によっては、入園願書をもらいやすくなったり、園の雰囲気も知ることができてお得です。

保育園の一時預かりや託児ルームの料金は、園により異なりますが、1時間700円~で預かってくれます。
プレ幼稚園の場合、親子同伴だったり、申し込み金が必要だったり、月謝制で保育料を支払うなど様々。
週1回1000円程度から、月々数万円必要な場合もあります。
どちらの場合も、保険や絵本代、冷暖房費など実費を請求されることもあるので、必ず問い合わせるを。

2~3時間でも、一時保育などに子供を預けることで出来た自分の時間は、趣味の時間にあててもいいし、家の大掃除をするだけでも気分転換になります。

コーヒーを飲みながら、子育てマンガを読むのもおススメ。
「あるあるエピソード」に苦笑したり、共感したり、もらい泣きしたり・・・
泣くことは、ストレス発散になり、笑うことは、血行を促進し、自律神経を整える効果があります。

静かな時間、何かに集中できる時間を少しでも持つことが出来ると、気分をリセットできますよ。

(4)育児に疲れたときは、友達や行政に相談してみよう

大人と話すだけで、頭の中が整理できて落ち着くこともあります。

同級生の友人や、公園で仲良くなったママに、今の気持ちを聞いてもらいましょう。
近くに友達がいなくても、住んでいる地域の子育て支援センターなどに足を運んでみると、子育て経験豊富な職員さんが話を聞いてくれます。
曜日や時間により、保育ルームを開放している場合もあり、子供を遊ばせながら、他のママたちと話ができるかもしれません。

また、子供が寝てからSkypeを利用して、お互い自宅にいながらの飲み会を楽しんでいるママたちもいるそう。
それぞれの自宅で缶ビールやチューハイを飲み、子育ての悩みや愚痴を語らってストレス発散!
ママ友の存在は心強いもの。笑って愚痴を言っているうちに、元気になれそうですね。

(5)思いっきり泣くことで育児ストレスも一緒に流す!

泣くことはストレス発散に効果的です。
子供が寝たあと、泣ける映画を見たり、感動する本を読むことで、思いっきり泣いてみましょう。

感情が高まり、涙があふれる状態は、脳から分泌されるホルモンの一種「プロラクチン」や副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」といったストレス物質も一緒に体外へ流れ出ます。
抑えていた感情が解放され、スッキリできます。
声を出して泣くほうがより効果的です。

(5)ときには家事を手抜きしてもいい

完璧なママはお休みして、ときには家事を手抜きする。
まったりと子供と一日を過ごしたり、ごはんも外食してみる。
「今日は洗濯お休み!」
「今日はな~んにもしない!」

それだけで気持ちが楽になることもあります。

(6)育児疲れのママを癒す、アロマの香りを暮らしに取り入れてみる

カモミールは、女性と子供の精油とよばれ、イライラしている神経を鎮めて、精神状態を落ち着かせてくれます。
ラベンダーの香りも落ち着かせてくれる精油です。

キャリアオイルで希釈して、少しだけ肌につけたり、アロマランプで焚いて香りを楽しんでみましょう。
また、アロマスプレーを手作りするのも使いやすいです。

<子供にも安心のアロマスプレーの作り方>

カモミール3滴
ラベンダー2滴
無水エタノール小さじ1
精製水大さじ3

これらをスプレー容器に入れて、よく振り混ぜる。
2週間を目安に使い切り、目やお肌の敏感な部分にはかからないよう注意しましょう。
乳児には使用しないでください。


どんなママも育児疲れ、育児ストレスを経験しています。

イラッとしたら深呼吸。
「まぁいいか」と気楽に構える余裕がもてるようになれば、育児ストレスから少しずつ開放されます。

「あの頃は、毎日イライラばっかりしてた」と笑って思い出せるように、自分にあった育児ストレス解消法を見つけだせると、毎日が楽に過ごすことが出来るはずです。

 


子連れエステでお肌も心もリフレッシュ

子供と一緒に行くことが出来る、エステサロンやリラクゼーションサロンが増えています。

pure room ma-ru」なら、キッズスペースもあり、通常料金に加え1時間1000円ほどの追加料金で、育児経験者や保育士資格を持ったスタッフが施術中、子供を預かってくれます。
オーナー自身も子育てまっさかり。
子供がいるとサロンに通いにくいという思いを実感し、見守り保育プランが生まれました。

シュタイナー教育を取り入れた、色鉛筆やクレヨンを使って感じ取った世界を好きなように描けるお絵かきごっこや、木のぬくもりを感じるおもちゃで、ママが見える場所で遊ぶことができます。
完全予約制なので、他のお客さんを気にすることなく、ママも子供もリラックスできます。

ma-ruでは、施術前に水素吸入を体験していただいています。
リフレクソロジーやマッサージを受けるまえに、水素を取り入れることで、よりリラックスして施術を受けていただくことができます。
『水素の効果を徹底検証!40代・育児疲れの救世主になるか?!』

また託児スペースやプレスクールで子供が楽しい時間を過ごしているあいだに、ママも自分の時間を確保してリフレッシュするなら、完全個室の静かな空間でアロマやボディマッサージを受けられる「和み」や「」のようなリラクゼーションサロンもおすすめです。

また毎月「ママに優しい日」を実施しています。
小さなお子様と一緒にサロンに来ていただきやすいように、実施日には見守り保育料金を無料にさせていただいています。
実施日などはお問合せください。pure room ma-ru  €TEL03-6264-4315

子育てにがんばるママにご褒美の時間が、子供も楽しい時間であればいうことなしですよね。

水素の効果を徹底検証!40代・育児疲れの救世主になるか?

スーパーやコンビニエンスストアでも見かけるようになった水素水。
ちょっと値段も高いけど気になりますよね。

35歳を過ぎてからの二人目出産で、上の子供の習い事の送り迎えに小さな子供の育児・・・時間に追われるように毎日を過ごしていませんか?

今、話題の水素は育児に疲れたママにも効果を発揮してくれるようです。
自分のカラダのことは一番あとまわしなママの育児疲れが少しでも楽になるように、水素について紹介します。

【目 次】

  • 水素って健康にいいの?
  • 水素水の効果を高める飲み方
  • 水素は育児疲れに効果的
  • 水素は二日酔いにも効く!
  • マッサージ前の水素吸入でリラックス度も変わるんです

水素って健康にいいの?

水素水老化を進行させる活性酸素。
人間が1日に必要とする酸素のわずか2%が活性酸素となり、私たちの体を錆びつかせていきます。
20代の頃とは違って、活性酸素を体内で中和させる機能が衰え始めることで、加齢が進みます。
また、紫外線の浴びすぎや運動不足、睡眠不足、生活リズムの乱れ、アルコールの飲みすぎ、喫煙・・・などが活性酸素を増加させる原因にあげられています。
子育て中のママは、日中子供と公園で一緒に遊んだり、夜中の授乳で睡眠不足だったり、育児疲れから活性酸素が増加しやすい状態にあるのです。

そして、この活性酸素を体内から排出しやすくしてくれるのが水素。
水素分子と酸素分子がくっついて水が生まれるのですが、高濃度の水素を吸入することで、体内の活性酸素と水素を化合させ、汗や尿などになり、体内から排出しやすくしてくれます。
活性酸素からカラダの中の細胞を守ることで、酸化を防ぎ、代謝力を高めることにつながります。

水素が医療・美容業界だけでなく多方面から注目されているのもうなずけますね。


水素水の効果を高める飲み方

スーパーで売っている水素水は、ミネラルウォーターより価格も高め。せっかく飲むなら効果的に!正しい水素水の選び方・飲み方を紹介します。

(1)出来るだけ高い濃度の水素水を選びましょう。

市販されている水素水は水素の含有量、濃度は様々。出来るだけ水素濃度が高いものを選びましょう。

(2)水素水は1回で飲み切りましょう。

密封度の低い容器では水素がぬけてしまいます。飲み残さず、水素水は1回で飲み切りましょう。

(3)活性酸素が大量に発生したときが、水素水を飲むタイミング

紫外線をたくさん浴びてしまった後や運動した後、そしてストレスを感じたときに水素水を飲むことで、過剰に作られた活性酸素の排出をサポートしてくれます。

使われなかった余分な水素は、げっぷやおならとなり、体外へ。1度に大量摂取するより、1日に数回分けて飲むことをおすすめします。

1日に1度だけ水素水を飲むなら、活動前の朝がベストです。


水素は育児疲れに効果的

35歳を過ぎてからの出産・育児に疲れ気味のママにも、水素は効果を発揮してくれます。

公園遊びや習い事の送り迎えで紫外線をたっぷり浴びてしまった後、夜中の授乳や夜泣きで睡眠不足気味の時、水素水を飲んだり、水素を吸入することで体調を整えることができます。

水素バーなどに訪れる女性の多くは、シミ・シワなどの老化防止対策を目的に通う場合が多いそう。
水素水を毎日の暮らしに取り入れて、元気いっぱいに子供を追いかけることが出来て、キレイなママでいられたらうれしいですね。


水素は二日酔いにも効く!

水素は運動した後や睡眠不足の時だけでなく、二日酔いにも効果的です。

二日酔いの状態は、体内ではアルコールの分解がスムーズに行われていない状態であり、水分やミネラルが不足しています。
同時にアセトアルデヒドや酢酸など酸化物が生じ、活性酸素が大量に発生。
こんな時、水素水などの水素の分子は体内に吸収されやすく、余分な活性酸素やアセトアルデヒドを体内から排出しやすくしてくれます。

ママだけでなく、お酒を飲みすぎたり、ストレスをたくさん抱えがちなパパにも効果的な水素。
パパにも水素の効果を教えてあげたくなりますね。


マッサージ前の水素吸入でリラックス度も変わるんです

リフレクソロジーやマッサージを受ける前に水素吸入することで、よりリラックスした状態で施術を受けることができます。
お客様の中でも、二日酔いの方や、頭痛持ちだったり、慢性的な首の痛みをかかえている方は、水素吸入の効果をより実感していただけます。

小さな子供と一緒に行ける「ma-ru」では、施術前に水素吸入を行っています。
上の子供が小学校へ行っているあいだに、小さな子供を連れてサロンへ。
ママが笑顔でいてくれくれたら、子供たちもごきげんでいてくれます。
毎日の暮らしに取り入れる水素水と、月に1度のごほうびタイムで、子育ての時間を楽しみたいですね。