healing space 和み » アロマトリートメント

アロマセラピストになりたい方へお伝えしたいこと

セラピストの理想と現実

ここ数ヶ月、サロンスタッフの結婚や妊娠というおめでたい出来事が続いています。
うれしいニュースなのですが、スタッフとしては働き続けることが難しくなります。
考えた末辞めていく姿を見るにつれ、現実をこれからセラピストになろうと思っている女性たちに伝えたいなと思いました。


<目次>
1. セラピストの待遇
2. イメージよりも重労働
3. 長くセラピストとして働き続けるには
4. アロマセラピストのスクールを選ぶより好きなサロンを見つけてほしい
5. セラピストを一生の仕事にすることも不可能ではありません
まとめ


1. セラピストの待遇

リラクゼーションサロンで働くセラピストの待遇は、あまり満足できるものではないかもしれません。
お客様が多く来店される夕方から夜の時間帯、休日に働くことを考えると、安いお給料だと感じてしまうことでしょう。
それは、サロンの価格競争が激しく、運営している会社も厳しい状況にあることが少なくないからだと思います。
人件費と広告費が大きなウエイトを占めるリラクゼーションサロン業界は見た目ほど華やかではありません。


2. イメージよりも重労働

アロマセラピストと聞くと、ゆったりとした優雅な印象を持たれているのではないでしょうか。
サロンで働く実際の姿は、お客様の前ではにっこり微笑みつつ、バックヤードではドタバタと後片付けや準備をしているのが現実です。
私たちのサロンで働き始めたスタッフも、このギャップに驚いた人は少なくありません。
想像するのも難しいかもしれませんが、イメージよりも重労働であることは、先に知っておいたほうがいいのかなと思っています。


3. 長くセラピストとして働き続けるには

「手に職をつけたい=セラピストになりたい」と思って働き始めても、サロンスタッフとして長く続けることは難しいと思います。
というのは、お客様の多くは会社帰りや休日に来店されるので、サロンが忙しい時間は夕方から夜の時間や休日になります。
結婚してからその時間帯に働くことは、結婚相手の理解がないと難しいですよね。
結婚後引き続き働けたとしても、妊娠すると自身の体調を考えても働き続けることは難しくなります。
だからこそ、「セラピストとして働きたい!」と思っていただけたなら、遠回りしないでほしいんです。


4. アロマセラピストのスクールを選ぶより、好きなサロンを見つけてほしい

日本では、セラピストに関する国家資格はありませんが、アロマセラピストやアロマテラピーアドバイザーなどという民間資格を取得するためのスクールはたくさんあります。
スクールでは、セラピストとしての高い知識、トリートメント技術、コミュニケーションスキルなどを学べるようですが、スクールへ行かなくとも、サロンで経験を重ねることで立派なセラピストになることができます。
ただ、将来的にセラピストを養成するスクールインストラクターを目指すならば、それらの民間資格の取得は必要かもしれません。
スクールへ通うことは決してマイナスではありません。できることなら運営サイドのお話を聞き、自分の考えに合っているスクールを選んでください。

強く思うのが、スクールへ行っても行かなくてもまずは「こんなお店で働きたいな」と思えるサロンを見つけてほしいということです。
サロン選びは、求人広告だけを見ていては思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。(女性専用とうたっていたのに、男性用のアロマサロンで、怖い思いをしたという話も少なくありません)
当店では、スタッフとして働き始める前に研修を実施しています。
エッセンシャルオイルの知識、トリートメントの技術指導などを数日にわたって行います。研修後ももちろん、お客様が不快な思いをしてはいけないので、しっかりサポートしながら経験を重ねていけるようにしています。


5. セラピストを一生の仕事にすることも可能です!

「セラピスト=長く働けない職業」ではありません!
私たちのサロンでも勤続10年以上のセラピストもがんばってくれています。
そして、結婚・出産という人生の節目を乗り越えて働き続けるならば、独立という選択肢もあります。
独立し自分自身がセラピストとして働けば、人件費はかからずに売り上げで生活することができます。自宅の一室をサロンとして使用すればテナント料もかかりません。
大きく儲けたいという方には向いていませんが、リスクも少なくてすみます。
実際、当店から独立したスタッフは10名以上いますが、みんな頑張ってセラピストを続けています。そんな姿も見ているので、ある程度の経験を積んだら独立することをおすすめしています。


まとめ

セラピストの理想と現実、あまりポジティブではない内容でがっかりされた方もいるかもしれません。
私自身は自分のサロンをもち、スタッフにサポートしてもらいながら、結婚・出産育児を経験してきました。
自分が働けない間に代わりにがんばってくれるスタッフを育てるか、リスクの少ない自宅サロンを開業するか・・・
いくつもの節目が待っている女性だからこそ、仕事人生も自分で選んでいきたいですよね。
そんな思いに共感していただける方と、一緒に仕事ができたらうれしいなと思います。
セラピスト募集について


東京都中央区銀座3-11-19 609号
Tel 03-3541-7191
営業時間 11:00〜22:00(最終電話受付は21:00となります。)
お問合せの際は最初に「ブログを見た」とお伝えください。

 

免疫力をアップして風邪やインフルエンザにも負けない体を作る7つの方法

免疫力とは病気(疫)から逃れる力、体を守る防御システムで、目や鼻、のど、腸にある粘膜組織が24時間体制で体の中にウイルスや最近が入ってこないようにしてくれる力です。
一般的に免疫力は30代をピークに下がり始めますが、平熱が36度より低い低体温気味の状態だと、若くても免疫力が低く危険な状態になります。
また、ストレスをためこんでいたり、睡眠不足や不規則な食生活など生活習慣の乱れや、季節の変わり目や冬の寒さなどをひきがねにしても免疫力は落ちやすくなります。

低温で乾燥している状態は、鼻やのどの粘膜組織の抵抗力が弱まってしまうのに、風邪やインフルエンザのウイルスは活発に活動できる環境です。免疫力が低下していると、ひどい風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。
仕事が忙しいからと無理をしていると、体調を崩したり、インフルエンザにかかったり、ますますスケジュールは狂い、困ってしまいますよね。

うがい、手洗い、マスクといった予防はもちろんのこと、免疫力をアップさせてウイルスに負けない体作りが大切です。
毎日の生活を少し見直して、免疫力をアップできる方法を紹介します。


目次

免疫力を高める7つの方法

(1) 食べ物

(2) 飲み物

(3) 運動

(4) サプリメント

(5) 睡眠

(6) アロマ

(7) アロマトリートメント

まとめ


免疫力を高める7つの方法

(1) 食べ物 ~腸を元気にして免疫力アップ~

腸の働きは、腸に入ってきた食べ物に含まれる栄養素を取り込み、不要なものは便として体の外に排出することですが、細菌やウイルスも体に不要なものとして、体内に吸収せず排出しようとしてくれています。
腸内環境が正常であれば、これらの働きはスムーズに行われますが、極端な食事制限や偏った食事、不規則な生活などで腸の活動は鈍ってしまいます。
腸内環境を整える発酵食品(味噌や納豆などの大豆製品、ヨーグルト、キムチやぬか漬け)を食事に取り入れ、腸の善玉菌を増やしておきましょう。

また、のどや鼻の粘膜組織を作る材料にもなる良質なたんぱく質と、免疫力を高める抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eも大切です。
免疫力アップのおすすめメニューは、水炊きなどの鍋料理。
鶏肉や豆腐からたんぱく質、野菜からビタミンを摂ることができます。〆に雑炊できれいにスープまで食べきれば、あますことなく免疫力を上げる栄養素を摂ることができます。

 

(2) 飲み物 ~体を温める飲み物で免疫力を高める~

飲み物や食べ物で免疫力をアップさせるポイントは3つ。
①体温をあげる ②腸内環境を整える ③抗酸化力を取り込む

この3点を意識したいところですが、まず腸内環境を整える発酵食品で温かい飲み物といえば「甘酒」がおすすめです。
甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養豊富で、最近の甘酒ブームもあり、スーパーでも買うことができます。
温かい甘酒にショウガのしぼり汁を加えると、さらに体もぽかぽかに温めることができます。
そして抗酸化力のある飲み物なら、ポリフェノールを含むものを選びます。ブドウやブルーベリーの皮に多く含まれるアントシアニン、ワインやお茶に含まれるカテキン、豆乳の大豆イソフラボンなどが飲み物としてとりやすいポリフェノールです。
他にポリフェノールは玉ねぎにも入っています。玉ねぎの入ったお味噌汁なら、大豆と玉ねぎから抗酸化作用を体に取り込むことができますよ。

 

(3) 運動 ~エアロビクスやヨガでリフレッシュしながら免疫力アップ~

免疫力アップには、筋肉をつけることも大切です。
筋力トレーニングのように負荷が強すぎる運動ではなく、ウォーキングよりもうハードな、エアロビクスや水泳のような有酸素運動がおすすめです。
ふくらはぎの筋肉を動かすことで、体全体に血液が循環しやすくなり血行が良くなります。軽く汗をかける運動でストレスも発散させることができます。

また、ヨガも免疫力アップに有効です。
ヨガの基本呼吸となる腹式呼吸は副交感神経を優位にできるので、リラックス効果があり、自律神経のバランスを整えることができます。
ヨガは体に負担をかけず、初心者にもやりやすいのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

(4) サプリメントで免疫力をサポート

自己免疫力を高めるには、アミノ酸シスチンとテアニンという栄養素が必要です。
これらが体の中に入ると免疫細胞を作りだしやすくなります。
食事だけでは補いきれない栄養素をサプリメントでプラスするという考え方もあります。

また、ローヤルゼリーも女性の免疫力アップに威力を発揮するといわれています。
女王バチの成長に欠かせないローヤルゼリーは、疲労回復効果やホルモンバランスの乱れを整えてくれる効果があります。

注意したいのは、サプリメントなどは、すべての人が効果を実感できるわけではなく、栄養素の含有量もことなり、様々な商品が出回っています。試してみて、自分に合うと感じたら、サポート役として利用するのが良いでしょう。

 

(5) 睡眠 ~玄米カイロでお腹をあたためながら6~8時間しっかり寝る~

睡眠不足は、お肌の調子が悪くなるだけでなく、免疫力も下げてしまうので、風邪や体調をくずしやすくなります。
睡眠に適している時間は午後10時~午前2時。この時間帯を含んで6~8時間寝るのが理想です。
寝る2時間前には食べたり、お酒を飲むのも控えれば、内臓も休息状態になり、睡眠の質が良くなります。

免疫力アップには体温をあげることが重要なのですが、「玄米カイロ」は重宝します。
玄米カイロは電子レンジで温めて、玄米の水分が蒸気となって放熱する構造になっています。お腹にのせて眠りにつけば、体の芯からじんわりと温まり、足先までぽかぽかになります。
使い捨てカイロではないので、何度でも使えるエコグッズとしてもおすすめです。

(6) アロマの香り

花や葉っぱ、樹木の皮などから抽出された100%天然のエッセンシャルオイル(精油)は免疫力を高める効果ももっています。
アロマの香りは、私たちをリラックスさせてくれて、ストレスをやわらげて自律神経のバランスを整えることができます。
なかには抗炎症作用をもつ精油もあり、風邪の予防や、咳・鼻づまりなどの症状をやわらげるものもあります。

毎日の暮らしにもアロマを取り入れなら、まず好きな香りのエッセンシャルオイルを見つけてみましょう。

心地よいと感じる香りは、その時の体調や精神状態で変化することもありますが、効用で選ぶよりも「好きだな」「いい匂いだな」と感じる香りのほうがよりアロマの効果を得ることができます。

簡単なアロマ活用法は、ハンカチやティッシュに精油を数滴おとして香りを楽しんだり、お風呂の湯船に数滴おとして芳香浴などがかあります。
アロマポットやアロマデュフューザーを使えば、部屋全体に香りを漂わせることもできます。

※注意点 エッセンシャルオイル(精油)は飲んではいけません。うすめずに肌に直接塗ることもよくありません。

◇免疫力を高める効果をもつエッセンシャルオイル

サンタルウッド・・リラックスできて、咳やのどの痛みなどもやわらげる。

ティートリー・・抗菌・殺菌作用をもち、免疫機能のバランスを整える。酸化しやすいので、開封したら早めに使い切る。

フランキンセンス・・抗菌・殺菌作用をもち、免疫力アップに効果。不安な気持ちをやわらげる。

ペパーミント・・すっきりした香りで風邪の症状を緩和する。消化不良や胃もたれにも効果的。

ユーカリ・・イライラをしずめ、無気力を解消する。

ラベンダー・・万能のエッセンシャルオイル!

レモン・・殺菌・消毒作用があり、風邪やインフルエンザの予防。

 

(7) アロマトリートメント ~セルフケアで物足りないときはプロの力を借りて体調管理~

エッセンシャルオイルは直接肌に塗ることはでいませんが、ホホバオイルなどとブレンドすればアロマオイルとして塗ることができます。
アロマトリートメントなら、香りをかぐだけでなく、皮膚からも吸収することで、より高いアロマの効果を感じることができます。
リラクゼーションサロンならセルフケアではマッサージしにくい背中や、脚背面をアロマトリートメントでほぐすことで心も体もリラックスできてスッキリできます。

免疫力アップ!2018年春の3店合同キャンぺーン情報はこちら


まとめ

寒い冬だけでなく、季節の代わり目も体調管理は難しくなります。
毎日の生活に、免疫力がアップできる飲み物や食べ物をプラスしたり、意識的に体を動かすなど、体を中から外から温めるようにしてみましょう。
忙しいからこそ免疫力をアップして、軽やかに次のステージに進めるような体作りを心がけたいですね。


東京都中央区銀座3-11-19 609号
Tel 03-3541-7191
営業時間 11:00〜22:00(最終電話受付は21:00となります。)
ご予約・お問合せの際は最初に「ブログを見た」とお伝えください。

 

 

癒しだけじゃない!美肌や痩せ体質にも効く!アロマトリートメントの効果

リラクゼーションサロンなどで受けることのできる
アロマトリートメントを体験したことはありますか?

エステサロンのボディケアと、どう違うんだろう?
アロマオイルを使うみたいだから、香りを楽しみながらマッサージしてもらえるのかな?
アロマオイルってベタベタしないのかな?
など、想像してはみるものの、体験したことがない方は多いのではないでしょうか。

アロマテラピーの一つである、アロマトリートメントは
香りを楽しむだけでなく、心や体のトラブルを改善できます。
女性がうれしい効果がたくさんつまった、アロマトリートメントについて紹介します。

【目次】

アロマトリートメントとは
アロマトリートメントがもたらす4つの美と癒しの効果
生理中でも受けることはできるの?
簡単!自分でも出来るアロマトリートメントの方法
サロンのこだわりメニュー


アロマトリートメントとは

アロマテラピーの一つで、
植物から抽出したエッセンシャルオイルを使って、
顔や体をマッサージすることをアロマトリートメントといいます。

この時使用されるアロマオイルは、
エッセンシャルオイルとキャリアオイルで作られます。
香りや効能のもととなる、エッセンシャルオイルに含まれる成分は、
本来人間が持っている自然治癒力を高め、
心を癒したり、体や肌のトラブルをゆっくり改善してくれます。
 
アロマの心地よい香りも、鼻から脳に伝達され、
皮膚や血管へと伝わっていきます。

服の上からではなく、手のぬくもりとほぐしの手技で
直接皮膚にマッサージするので
エッセンシャルオイルの有効成分を
体内に直接取り込めるのが最大のメリットです。

アロマトリートメントがもたらす4つの美と癒しの効果

アロテラピーはホリスティック(全体的)に働く自然療法といわれています。
体に起こったトラブルを、その部分だけの問題にせず、
心と体はお互いに作用しあうという考え方から、
アロマトリートメントで体の不調と同時に
心の疲労やストレスも一緒に癒すことができます。

(1)代謝や血行が良くなる
 
販売員やデスクワークなど、
長時間同じ姿勢でいることが多い方は
むくみや冷え性の悩みを抱えていらっしゃいませんか?

代謝をアップさせたり、
血行が良くなる効能をもつエッセンシャルオイルをブレンドし、
アロマオイルとして使うことで
血行やリンパが刺激され、それぞれの流れがスムーズになり
代謝力や血行が正常な状態に近づきます。

代謝が促進されると、老廃物を排出しやすい体質となり、
むくみも軽減され、痩せやすい体に変わっていきます。

代謝や血行が良くなり、むくみに効果的なエッセンシャルオイルは
ジュニパー※やゼラニウム※、レモングラス※などが有名です。

太ももをオイルマッサージ

(2)美肌効果

自分の顔を鏡で見たとき、
元気がないように見えたり、
くすんでいると感じたことはありませんか?

エッセンシャルオイルの成分は、
皮膚の潤いや弾力をアップしてくれたり
ひきしめ効果を持っているものもあります。
アロマトリートメントすることで
血行が促進され、1回の施術だけでも、
肌のトーンが上がり、明るい肌色になります。

オーガニックコスメや敏感肌用の化粧品でよく使用されている
ラベンダー※は、炎症をおさえたり、
肌の再生に効果があるといわれています。
またさわやかな香りのゼラニウム※は、
エイジングケアにおススメで、
皮脂の分泌のバランスを整えてくれたり、ダイエットにも効果的です。

(3)便秘などの消化器系のトラブル対策

アロマトリートメントをすることで、
胃腸の運動を高めたり
消化液の分泌を整えることができます。

胃痛や胃もたれなどの消化不良を緩和したり、
多くの女性の悩みのたね、便秘の改善にも効果的です。
マッサージしてもらうだけではなく、
アロマの香りと、皮膚から直接取り込める
エッセンシャルオイルの成分がトラブル対策に有効なのです。

(4)疲労回復とリラックス効果

ハードワークで気がめいってしまうほど疲労を感じたことはありませんか?
睡眠不足なのに、なかなか眠れず悩んでしまうことはありませんか?

アロマの香りは、嗅覚から脳を介して
ココロや神経のバランスを整えてくれます。
疲れや不安、抑うつなどを軽減してくれるので、
医療施設でも活用されています。

大きなストレスを静めてくれるのはラベンダー※は
自律神経のバランスを整えてくれたり、
月経前症候群(PMS)にも有効です。
無気力だと感じるときは、ジャスミン※は、
満たされた気分になり、落ち着きます。

疲れたときや、気分がめいってしまったときに
気分転換できる、自分の好きな香りを見つけておくといいですね。

※エッセンシャルオイルには、妊娠中は使用できないものもあります。
セラピストに相談しながらエッセンシャルオイルは選んでください。

生理中でも受けることはできるの?

お客様からもよく質問されますが、
生理中のアロマトリートメントは、
積極的に受けてもらいたい時期です。

生理前から生理中にかけて、
イライラしたり、頭痛や肌荒れなど
個人差はありますが、憂鬱な時間だなと
感じることがありませんか?

あるお客様が、生理初日なうえに二日酔いという状態で
来店されました。
頭は痛いし、お腹も痛いし・・・・
受けるかどうか迷われていましたが、
90分のアロマトリートメントを受けたところ、
頭痛も腹痛もおさまりスッキリされたのです。
二日酔いの頭痛は時間の経過とともに、
治まった可能性もありますが、
生理による腹痛は、アロマの効果によって
改善されたと思っています。
 
歩けないほどのお腹の痛みや、
生理不順や月経前症候群(PMS )の原因は、
女性ホルモンが大きく影響しています。
エッセンシャルオイルには、
女性ホルモンを整えPMSを軽減してくれたり、
気分を上向きにしてくれるものがあります。

手で丁寧にアロマトリートメントすることで、
脳が「気持ちいい」と感じ、
自律神経のバランスを整えようと働きかけます。
その結果、ホルモンバランスも整い、
生理からくる様々な症状のストレスを和らげてくれます。

たとえばクラリセージ※は、女性ホルモンの一つである
エストロゲンに似ている成分が含まれています。
ジンジャー※やシナモン※など身体を温める
スパイス系のアロマもおススメです。
また、イランイラン※は、女性ホルモンの分泌を整え、
リラックス効果もあります。
強めの香りですが、湯船に1~3滴たらせば、
リラックス効果と美肌効果もあるんですよ。

pure room ma-ru(銀座店)

もちろん、貧血がひどい方や、体調が優れないときに、
無理をしてでも受けるべきではありませんが
アロマトリートメントは、
生理に関わる不調の緩和にとても有効です。

※エッセンシャルオイルには、
妊娠中は使用できないものもあります。
セラピストに相談しながらエッセンシャルオイルは
選んでください。

簡単!自分でも出来るアロマトリートメントの方法

精油には学名、原産国、抽出部位、抽出方法などいくつか表記されています。
原産国やブランドが異なると、香りのニュアンスも違ってくるので
慣れてきたら、いろいろ試してみるといいですよ。
まずは好きなアロマをみつけ、ハンカチに1滴たらす芳香浴で香りを楽しんでみましょう。

≪注意≫
エッセンシャルオイルは飲めません。
また、エッセンシャルオイルだけを直接肌につけるのも避けましょう。
火気にも注意が必要です。

◇アロマトリートメントオイルの作り方

好きな香りをみつけたら、自分でアロマトリートメントオイルを作ってみましょう。

【作り方】

用意するもの

  • ガラスビーカー
  • 遮光ビン
  • キャリアオイル(エッセンシャルオイルを希釈するもの)
  • 使いたいエッセンシャルオイル(精油)
  1. 作りたい量だけ、キャリアオイルを計って遮光ビンに入れる。
  2. キャリアオイルに対して精油を1%たらす。

手作りしたマッサージオイルで、
自分がマッサージしたいと思う部分にぬり、
香りを楽しみながら、手でやさしくマッサージしてみましょう。

エッセンシャルオイルの瓶に一緒についている
ドロッパーは1滴が0.05mlです。
50mlのマッサージオイルを作る場合、
エッセンシャルオイルは10滴たらせば、濃度1%になります。

≪注意≫
手作りしたマッサージオイルを使う前に
パッチテストをしておきましょう。
二の腕の内側などに少量ぬり、24時間以上放置しても、
かゆみや赤く腫れたりしないか確認してから使うと安心です。
もし、異常を感じたら水で洗い流してください。

キャリアオイルは100%天然のものを選びましょう。
粘りが強いものや、サラサラした質感など様々です。
また未精製のものは酸化しやすく、刺激がある場合もあります。
自分に合うかどうか、少量から作り始めてみましょう。
2週間を目安に使い切りましょう。

サロンのこだわりメニュー

Healing Space 和み(銀座店)

カウンセリングのときに、
「甘い香り」か「スッキリした香り」か、今日の気分を伺います。
お聞きしたうえで、5本のエッセンシャルオイルを用意して、
その中から好きな香りの3本を選んでいただき、
ブレンドしてマッサージオイルをご用意しています。
今の気分にあった、心地よい香りでアロマトリートメントを体験していただくことが
とても大切だと考えています。

「アロマボディ」の60分コースの場合、
施術の流れは大きく3つに分けています。

◇前半の20分
背中からロングストロークマッサージでほぐし、
血液やリンパの流れをスムーズにしていきます。
首や肩など疲れている部分があれば念入りに。

アロマボディコース

◇中盤の20分
うつぶせの状態で、むくみやすい下半身を足首から太ももまでトリートメント。
足の裏はツボが集中しているので、しっかりほぐすことで
むくみや冷えが改善されます。

◇後半の20分
仕上げは両腕とデコルテ部分。
首から肩にかけてのリンパの流れを整えることでスッキリします。

終了後はハーブティーを飲んでリラックス。
ゆったりした気分のなか、ウェイティングスペースで、アフターカウンセリング。
施術後の状態の確認や、自宅で出来るセルフケアなどを紹介させていただきます。

リラクゼーションサロンとエステサロンの違いがわからず、
興味はあるものの躊躇していませんでしたか?
自然療法であるアロマテラピーを生かしたトリートメントは
薬のように即効性はありませんが、体にやさしく働きかけてくれます。

忙しい毎日をすごしている女性のための、
リフレッシュできるアロマトリートメントを体験してみませんか?


Healing Space 和み

東京都中央区銀座3-11-19 609号
Tel 03-3541-7191
営業時間 11:00〜22:00(最終電話受付は21:00となります。)

ご予約・お問合せの際は、まず最初に「ブログを見た」とお伝えください。