healing space 和み » 育児疲れ

授乳中の疲れを癒せる産後エステはいつからOK?どんな効果があるの?

出産から3ヶ月経った頃、最初の育児ストレスがやってきます。

眠いのに、なかなかぐっすり眠れない。
産後体型のたるんだお腹も戻らない・・・
辛くなってきた手首や肩、腰の痛み・・・

髪はパサパサ、お肌もくすみやクマが目立ってきた気がする・・・!

二人目出産のママも、最初の出産の時ほど時間の余裕もなく、
疲労はピークに達していませんか?寝不足だけでなく、産後のホルモンバランスの乱れも影響し、疲れは溜まり、自分が老けてしまったように感じていませんか?

溜まった疲れをリセットしたいなぁと思いませんか?
疲れた気持ちと体に、産後エステはいかがでしょう。
近頃のエステサロンやリラクゼーションサロンは、子連れOKだったり、託児スペースのあるサロンも増え、産後のママが訪れやすいお店が増えました。

どんな風ケアが出来るのか、いつ頃から通えるのか紹介します。


目次

  • 産後エステではどんな効果が期待できるの?
  • 産後エステはいつから行くのが良い?
  • 授乳中でもサロンに行くことは可能なの?
  • 産後のイライラにも効くアロママッサージ
  • 子連れOKの託児付きサロンで赤ちゃんの肌トラブルも解決
  • ママが感じる孤独感や疎外感をやわらげるサロン

産後エステにはどんな効果が期待できる?

産後エステの目的は、体を妊娠前の状態に近づけること。
そして育児ストレスを軽くするためにリラックスできる時間をもつことです。
エステサロンやリラクゼーションサロンでは、産後のママが気になっているお肌や体の疲れをケアするコースがあります。

フェイシャルエステ

妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れと、生活の変化から疲れてしまったお肌のお手入ができます。
フェイシャルエステは体にも負担がかからないので、産後1ヶ月くらいから受けることが可能です。
お肌にハリとツヤを取り戻せるので、それだけで心に余裕がもてます。

ボディエステ

産後体型を戻すのは、産後6ヶ月くらいまでがベストといわれています。
とくに体調が戻り始める産後3ヶ月の頃が、妊娠前の体型に近づけるのに一番良い時期です。
妊娠・出産で開いてしまった骨盤まわりをケアすることで、リンパや血行の流れをスムーズにし、下半身太りをおさえることができます。
妊娠線やお腹まわりは、伸びた皮膚のケアを重点的に。
お尻のたるみや足のむくみなど、中半身のケアも体のだるさが解消され、リフレッシュ出来ます。

バストケア

授乳によるバストのたるみやしぼみを元に戻すバストアップやバストケアは、授乳中は避けましょう。
バストアップのケアは、赤ちゃんがミルクに切り替わったり、卒乳してからが良いでしょう。

リンパマッサージ

授乳や抱っこで同じ姿勢を長く続けていると、肩こりや腰痛、手首の痛みなどを慢性的に感じると思います。
寝不足や授乳などで疲労が溜まり、むくみやすくなったと感じることもありますよね。
体のこりや痛み、むくみにはリンパマッサージが効果的です。
マッサージでリンパ液の流れをスムーズにすると、痛みがやわらぐだけでなく、リラックス・疲労回復効果があります。
美容の面でも効果的で、血行もよくなり、気分も顔色もスッキリ出来ます。

 産後エステはいつから行くのが良い?

エステ開始時期は、産後3ヶ月を目安に。
自分の体調を考えながら、赤ちゃんの定期健診時にでも、産婦人科のお医者さんにマッサージやエステを受けても大丈夫か相談しておくと安心です。
自然分娩で出産した場合、母子ともに健康なら1週間程度で退院しますが、産後1ヶ月の頃はまだ体は元通りの状態ではないので、休養を心がけ、体に負担をかけないようにしましょう。
また帝王切開の場合なら、お腹を切っているので、傷口の治りを優先することが大切です。お医者さんに相談しながらエステやボディケアは行うようにしましょう。

産後エステは授乳中でも大丈夫?

リンパマッサージやボディラインを整えたいときは、授乳中でも可能です。

ただ授乳により、たるんでしまったと感じるバストのケアは、卒乳してからにしましょう。
何よりも体調が落ち着いていること。
体に大きな負担を与えるようなものは避けましょう。
サロンによっては、授乳中は受付していな場合もあるので予約時に確認が必要です。

産後のイライラにも効くアロママッサージ
育児疲れを癒すのに、リラクゼーションサロンはいかがでしょう。
心身共にリラックスできる時間を作ることで、赤ちゃんとの幸せで穏やかな時間を過ごすことが出来ます。
運動不足による筋力低下で、足がむくんだり、抱っこや授乳で首や肩がこったり、背中にハリを感じることはありませんか?
アロマの香りで嗅覚を刺激し、皮膚からもエッセンシャルオイルの成分が浸透し、心と体にやさしくはたらきかけます。
心身をリラックスさせるアロマセラピーは産後の乱れたホルモンバランスを整えるのにも有効です。
精油の濃度を従来より薄くしておけば、アロママッサージの後、赤ちゃんを待ちぼうけさせることなく授乳も出来ます。
ホルモンバランスに効果があると言われている精油には、大きく4つの効果があります。
  • 女性ホルモンの分泌を促す
  • ホルモンバランスを整える
  • 女性ホルモンの様な働きをする
  • ホルモンバランスの乱れから起こる身体の不調を和らげる
これらの効果が期待できるおススメの精油は、クラリセージ、イランイラン、ローズ・オットー、ゼラニウム、ジャスミン です。
効果はホルモン剤など薬に比べると穏やかですが、副作用もなく安心して使えます。

効果があるといっても、苦手な香りでは効果が半減してしまいます。「あ、この香り好きだな」と感じる香りから試してみましょう。

アロマセラピーは、大好きな香りに癒される事でより効果が期待できます。
ハンカチにお好みの精油を1~2滴たらすだけでも簡単に楽しめます。
またアロマディフューザーを使って部屋全体で香りを楽しむのもいいですね。
産後に、うつうつとした気持ちになった時には、是非アロマセラピーを試してみてくださいね。

訪れたサロンでのカウンセリング時間に、セラピストと相談しながら体調と気分に合わせて香りをブレンドしてもらうのもいいですね。


子連れOKの託児付きサロンで赤ちゃんの肌トラブルも解決

pure room ma-ruでは、産後1週間でも、体に負担を与えないように
アロママッサージをさせていただいています。
精油の濃度も、授乳中のママの場合は薄くしているので、施術後すぐの授乳も心配ありません。
赤ちゃんの首がすわった時期からは、保育士や育児経験者である、スタッフによる見守り保育も受付しています。
サロンの近くの公園にスタッフが赤ちゃんを抱っこしてお散歩に出ることも。赤ちゃんもリラックスできているのか、そのままスタッフの腕の中でスヤスヤお昼寝してくれたりします。

サロンに赤ちゃんと一緒に来店されるママは、赤ちゃんの肌荒れなども気にされています。
「乾燥気味なのかな」
「ベビーローションが合っていないのかな」
自分の産後の疲れも悩みの種ですが、赤ちゃんの肌荒れも気になりますよね。
そんなときには、アロママッサージで使用する、ベースとなるホホバオイルなら、赤ちゃんにも安心して使うことが出来るので紹介したり、アドバイスさせていただいています。

また、毎月「ママに優しい日」を実施しています。
小さなお子様と一緒に気軽にサロンへ来ていただけるように、実施日は見守り保育料金を無料にさせていただきました。ぜひご利用ください。
実施日などはお問合せください。
pure room ma-ru  TEL03-6264-4315


ママが感じる孤独感や疎外感をやわらげるサロン

pure room ma-ruに来店される産後3ヶ月を過ぎたお客様に、施術後に感想を伺ってみると、
「久しぶりに楽しい時間を過ごせました」
「肩がスッキリした!」
「育児に余裕がもてそう」
とおっしゃってくださいます。また、ma-ruでは、施術前に水素吸入を体験していただいています。
リフレクソロジーやマッサージを受ける前に水素を取り入れると、よりリラックスした状態で施術を受けていただくことができます。
『水素の効果を徹底検証!40代育児疲れの救世主になるか?!』
 可愛いわが子との時間はかけがえのない時間ですが、毎日の慣れない育児でママは孤独感や疎外感を感じてしまうことがあります。
そんな気持ちを少しでも和らげることができるリラクゼーションサロンでありたいと、ma-ruは考えています。
産後の数ヶ月は可愛い赤ちゃんとの生活に慣れるための大切な時間。
無理せず体調を回復させて、心と体に疲れをためることなく、ますます慌ただしくなる育児にそなえたいですね。

水素の効果を徹底検証!40代・育児疲れの救世主になるか?

スーパーやコンビニエンスストアでも見かけるようになった水素水。
ちょっと値段も高いけど気になりますよね。

35歳を過ぎてからの二人目出産で、上の子供の習い事の送り迎えに小さな子供の育児・・・時間に追われるように毎日を過ごしていませんか?

今、話題の水素は育児に疲れたママにも効果を発揮してくれるようです。
自分のカラダのことは一番あとまわしなママの育児疲れが少しでも楽になるように、水素について紹介します。

【目 次】

  • 水素って健康にいいの?
  • 水素水の効果を高める飲み方
  • 水素は育児疲れに効果的
  • 水素は二日酔いにも効く!
  • マッサージ前の水素吸入でリラックス度も変わるんです

水素って健康にいいの?

水素水老化を進行させる活性酸素。
人間が1日に必要とする酸素のわずか2%が活性酸素となり、私たちの体を錆びつかせていきます。
20代の頃とは違って、活性酸素を体内で中和させる機能が衰え始めることで、加齢が進みます。
また、紫外線の浴びすぎや運動不足、睡眠不足、生活リズムの乱れ、アルコールの飲みすぎ、喫煙・・・などが活性酸素を増加させる原因にあげられています。
子育て中のママは、日中子供と公園で一緒に遊んだり、夜中の授乳で睡眠不足だったり、育児疲れから活性酸素が増加しやすい状態にあるのです。

そして、この活性酸素を体内から排出しやすくしてくれるのが水素。
水素分子と酸素分子がくっついて水が生まれるのですが、高濃度の水素を吸入することで、体内の活性酸素と水素を化合させ、汗や尿などになり、体内から排出しやすくしてくれます。
活性酸素からカラダの中の細胞を守ることで、酸化を防ぎ、代謝力を高めることにつながります。

水素が医療・美容業界だけでなく多方面から注目されているのもうなずけますね。


水素水の効果を高める飲み方

スーパーで売っている水素水は、ミネラルウォーターより価格も高め。せっかく飲むなら効果的に!正しい水素水の選び方・飲み方を紹介します。

(1)出来るだけ高い濃度の水素水を選びましょう。

市販されている水素水は水素の含有量、濃度は様々。出来るだけ水素濃度が高いものを選びましょう。

(2)水素水は1回で飲み切りましょう。

密封度の低い容器では水素がぬけてしまいます。飲み残さず、水素水は1回で飲み切りましょう。

(3)活性酸素が大量に発生したときが、水素水を飲むタイミング

紫外線をたくさん浴びてしまった後や運動した後、そしてストレスを感じたときに水素水を飲むことで、過剰に作られた活性酸素の排出をサポートしてくれます。

使われなかった余分な水素は、げっぷやおならとなり、体外へ。1度に大量摂取するより、1日に数回分けて飲むことをおすすめします。

1日に1度だけ水素水を飲むなら、活動前の朝がベストです。


水素は育児疲れに効果的

35歳を過ぎてからの出産・育児に疲れ気味のママにも、水素は効果を発揮してくれます。

公園遊びや習い事の送り迎えで紫外線をたっぷり浴びてしまった後、夜中の授乳や夜泣きで睡眠不足気味の時、水素水を飲んだり、水素を吸入することで体調を整えることができます。

水素バーなどに訪れる女性の多くは、シミ・シワなどの老化防止対策を目的に通う場合が多いそう。
水素水を毎日の暮らしに取り入れて、元気いっぱいに子供を追いかけることが出来て、キレイなママでいられたらうれしいですね。


水素は二日酔いにも効く!

水素は運動した後や睡眠不足の時だけでなく、二日酔いにも効果的です。

二日酔いの状態は、体内ではアルコールの分解がスムーズに行われていない状態であり、水分やミネラルが不足しています。
同時にアセトアルデヒドや酢酸など酸化物が生じ、活性酸素が大量に発生。
こんな時、水素水などの水素の分子は体内に吸収されやすく、余分な活性酸素やアセトアルデヒドを体内から排出しやすくしてくれます。

ママだけでなく、お酒を飲みすぎたり、ストレスをたくさん抱えがちなパパにも効果的な水素。
パパにも水素の効果を教えてあげたくなりますね。


マッサージ前の水素吸入でリラックス度も変わるんです

リフレクソロジーやマッサージを受ける前に水素吸入することで、よりリラックスした状態で施術を受けることができます。
お客様の中でも、二日酔いの方や、頭痛持ちだったり、慢性的な首の痛みをかかえている方は、水素吸入の効果をより実感していただけます。

小さな子供と一緒に行ける「ma-ru」では、施術前に水素吸入を行っています。
上の子供が小学校へ行っているあいだに、小さな子供を連れてサロンへ。
ママが笑顔でいてくれくれたら、子供たちもごきげんでいてくれます。
毎日の暮らしに取り入れる水素水と、月に1度のごほうびタイムで、子育ての時間を楽しみたいですね。